通信制高校から専門学校へ

専門学校はどんなところ?
高校を卒業した後の進路について、社会経験がないために悩む人も少なくありません。卒業をしてから早く就職をしたいという人もいるでしょう。しかし全日制の高校を卒業したとしても、技能や資格がなければなかなか希望にあった就職は難しいかもしれません。そのため、専門学校に進学をして資格取得をし、就職したいと考える人も増えてきました。専門学校は特定の技能修得を目指す学校なので、希望する進路がはっきりしている人におすすめします。まだはっきりとした進路を決められない人には、大学進学のほうをおすすめします。通信制の専門学校もあるので、働きながら学ぶことも可能です。
専門学校に入学するには?
専門学校入学は、大学入学ほど難しくはなく、面接や作文だけで入学できる学校もあります。特に通信制高校だから不利になるということはありません。推薦入学やAO入学もできて、一般入学より学費が免除になる場合もあります。学科によっては作品の提出や試験が行われる場合もあります。
学歴はどうなるの?
専門学校にもいろいろあって、履歴書に書くときに学歴に書けない学校もあります。1年制の専門学校では高卒の扱いになります。専門学校ではないので学歴に書くことができず、一般的には資格取得や特記事項として書くことになります。2年制以上の文部科学省から認められた専門学校を卒業することで専門士の学士が認められます。
高校生活で考えておきたいこと
私立の通信制高校では、在学時から専門資格取得を目指せる学校が多いです。早いうちから進路が決まっている人にとっては、資格を持つことで専門学校入学後に学費免除されたり専門知識をより深めることもできます。また高校生活の間に専門分野を体験してみて、自分の進路をしっかり考えてから専門学校に進学することもできるので、高校生活を有意義に過ごすこともできます。学生の間にしておくべき苦労というのがあると思います。進路が決まっていない人でも、楽なほうに流されるとか何となく就職するのではなくて、最終的に希望の職種に就職することを考えたほうが後で苦労が少なくて済みますよ。