通信制高校卒業でも就職できるのか

通信制高校卒業者の就職
通信制高校だから負い目があるという人もいるかもしれません。けれど履歴書には必ずしも通信制であることを書く必要はありません。高校卒業か大学卒業かで募集している職種に差はあるかもしれませんが、新卒者の就職が難しいのはどの高校生でも同じだと思います。
新卒者の就職が難しいのは、スキル不足ということがあるかもしれません。社会人としての経験がないのは仕方がないことです。高校在学中に必要な資格を取る、技術を身につける、ボランティアや課外活動に積極的に参加をするなどで会社側がその人を判断することになります。 面接を重視する会社もあれば筆記試験を重視する会社もあります。調査書を重視する会社もあります。どのような採用方法であってもその会社が必要としなければ落ちることになります。
社会人として必要なこと
新人に仕事を1から教えることは大変なことです。 「世代が違ってコミュニケーションが取れない」「何を考えているのかわからない」という話をよく聞くことがあります。例えば自分に与えられた仕事を最後までやり遂げるということや残業について、社員同士の交流についての考えに違いがあるようです。 単純に仕事内容の説明をするだけなら数年社会人経験を積んでいる人のほうが状況を把握しやすいのかもしれません。マナーやコミュニケーションも必要で、仕事が円滑に進むかというのは会社にとって重要なことです。仕事をしていると学生のときにはなかった責任がついてくるでしょうから、経験を積みながら何を求められているのか?を考える必要があります。
就職準備について
希望職種を決めたら、企業の説明会やインターンシップなど積極的に参加しましょう。ハローワークでは新卒者向けのサービスがあるので、利用してみましょう。企業側も会社にあった人材を時間をかけて探す傾向にあります。早くに行動することは良いことですが、納得するまで活動しましょう。
希望する職種に就職する
高卒で就職することが可能であれば高卒で充分だと思います。高校卒業をして就職する人たちの就職先はサービス業、飲食業、製造業が多いです。厚生労働省の表を見ると離職者が就職者数を上回っているのがわかります。これは短期間ですぐに離職と就職を繰り返していることが考えられます。そして大卒よりも高卒のほうがどの分野でも離職率が高いです。その仕事で納得しているか満足しているかというのは、高校在学中にどれだけ準備ができるかによるのではないでしょうか。社会人生活はこれから長くなるので、通信制高校という特徴を生かして急がずに準備していくのが良いでしょう。