通信制高校から医学部へ

通信制高校の学生でも医学部受験できるの?
通信制高校に通う学生でも医学部を受験することは可能です。例えば全日制の進学校から転入してきたとか、きっかけや理由は様々です。通信制高校だから不利ということはなく、試験で良い点を取ることと、明確なビジョンを持って面接官ときちんと話をすることが大切です。
高認で医学部に入った人もいますが、勉強はたくさんしなければなりません。学校によって現役生が多い学校、浪人している人が多い学校など傾向はあるようです。通信制高校の勉強だけでは不足している科目があるかもしれません。医学部受験に必要な教科を確認し、長期で計画を立てたほうが良いでしょう。
全日制から通信制高校へ転入する場合
何らかの事情があり、全日制から通信制高校へ転入することを考えている人は、全日制で勉強してきたことやペースなどを考えて計画を立てましょう。通信制高校では自宅学習が基本になっているため、自分で計画を立てなければなりません。通信制高校に通うことによって、勉強のペースやレベルが落ちると感じるなら、不足を補うようにしたいものです。
医学部受験のための情報収集
通信制高校から医学部を受験する人が少なく、先生に相談したくても先生も経験がない、相談できる人が回りにいないという人もいるでしょう。実際に医学部に通う大学生に受験の体験談を聞くのは参考になると思います。それから予備校など自分の勉強のペースを管理できる場所に身を置くのも有効です。通信制高校が入学しやすい学校だったのに対し、医学部受験はほとんどが学力重視されるからです。相談できる人を見つけておきましょう。
医学部受験のための勉強方法
いきなり医学部に合格するための勉強といっても、自分のレベルを知ってからの対策だと思います。まずは基礎固めをしっかり行いましょう。 通信制高校の強みといえば、空き時間を有効活用しやすいことにあります。全日制高校と違って自分の学びたい教科を自分のペースで勉強できます。自己管理が必須ですが、たくさんの時間を勉強に費やすことができます。この時間を自分のために有効に使うようにしたいですね。